2006年02月28日

さようなら親父 -30-

すでに私の場合、『あと2週間の命』と聞かされた時点で、覚悟はできていた。
遅かれ早かれ、このときが来るんだと。

ついにそのときが静かにやって来た。
看護師さんの一人が、静かに言った。
「臨終です。先生をお呼びしますね。」
父はすでに息を引き取っていた。
眠ったように、死んでいった。
もう、戻ってこない。
やはり私は涙が出てこない。
母も、おじも、おばも、姉も泣いている。
でも、父はもう戻ってこない。
72歳の命はそこで終わった。
もう少し生きれたはずなのに、もう少し生きて欲しかったのに。
人の一生はあっけないというのが、頭に浮かんだ。
父の一生は悔いのないものだったろうか?
晩年は入院、手術の連続で不本意な年月だったろう。
旅行や楽しいことがあっても、心のどこかで常に「自分は爆弾を抱えている」という気持ちで、いい気分になれなかっただろう。

戻れるとしたら本人はどの時点まで戻ってみたいだろうか?
人生一度きり。
その最期があっけなかった。
本人だって、死ぬとは思ってもみなかっただろう。
いや、最後の最後まで死ぬとは思っていなかったも知れない。
家族と実兄に見守られて、死んでいったことが救いなのかもしれない。

やがて、5年にわたる間お世話になった担当医が来た。
ドラマで見るような、父の目を指で開き小さなライトを照らして、臨終を確認した。
担当医は言った。
「仙洞田さん、助けることができなくて本当に申し訳ありませんでした。」
私たち家族も、担当医には言いたいことがあるのだが、このときばかりは静かに聞いていた。
posted by センセイジンゴ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13905533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。